江蘇明月が「第十回中国国際サービスアウトソーシング取引博覧会」で活躍

2019-12-27 14:37
 2019年9月26日から28日にかけて中国商務部と杭州市人民政府の共催で、中国国際投資促進協会と杭州市商務局が運営する第10回中国国際サービスアウトソーシング取引博覧会が杭州市で開催されました。本会議は「5G・AI時代を迎え、革新要素を集め、デジタルサービスの発展とデジタル経済の構築」とのテーマで5G、IoT、スマート開発区建設、デジタルサービス、新しいチャンスの発見、新しいチャレンジへの対応など様々な問題点に注目し、サービスアウトソーシング企業にとってのデジタル経済発展の新しいチャンス、サービス能力とサービス水準の向上、デジタルサービスプロバイダへの転換、デジタル経済発展の促進などについて議論されました。
 江蘇明月軟件技術有限公司はこの大会の重要なイベントである「中国デジタルサービスならびにサービスアウトソーシングのリーディングカンパニープロモーションコンファレンス」で「国際品質管理リーディングカンパニー」、「対日サービスアウトソーシング業界リーディングカンパニー」、「サービスアウトソーシング企業トップ100」と、三つのタイトルを獲得しました。傘下の子会社である北京新思と杭州明月思易デジタルが展示ブースを設置し、北京新思も「対日サービスアウトソーシング業界リーディングカンパニー」に選定されました。
 鐘明博董事長が「中国デジタルサービスならびにサービスアウトソーシングのリーディングカンパニープロモーションコンファレンス」のパネルディスカッションを司会したほか、「アウトソーシング企業品質コントロール及び情報セキュリティセミナー」の司会もしました。また、段志龍CDO他会社の幹部が基調講演をして、メディア取材を受けました。

杭州明月思易デジタル社

鐘明博氏が「アウトソーシング企業品質コントロール及び情報セキュリティセミナー」

を司会する

アウトソーシング企業品質コントロール及び情報セキュリティセミナー」

の司会者とご来賓

「国際品質管理リーディングカンパニー」表彰状
「対日サービスアウトソーシング業界リーディングカンパニー」表彰状
 
(文:明月軟件 公共事務部)

阅读更多文章
READ MORE