搜索页面
  • 鐘明博理事長がグループを率いて、日本情報サービス産業協会(JISA)と日本Gartner社などを訪問
    钟明博

    2018年4月4日に北京サービスアウトソーシング企業協会、中国日本向けサービスアウトソーシング産業連盟理事長の鐘明博氏、秘書長の李劲氏と企業代表らが日本を訪問しました。今回の訪問は日本情報サービス産業協会(JISA)、日本Gartner社等の政府機関や民間企業を訪問し、多数のベンチャー企業と業務交流をしました。


  • 鐘明博理事長が“一带一路”訪問団を率いて、東南アジアサービスアウトソーシング産業を訪問
    5

    海淀区政府及び北京市商務局の支持で、2018年5月6日から17日まで北京サービスアウトソーシング企業協会が「一带一路」訪問団を組成し、鐘明博理事長に率いられベトナム、マレーシアとインドに向い、現地の協会と企業に見学訪問したほか、インドのサービス業展覧会にも見学に行きました。


  • 人工知能サービスの発展が進む
    34

    京交会のメインフォーラムの一つとして「2018スマートサービス会議ならびに第六回ソフトウェアと情報サービス国際企業ビジネスマッチング会議」は5月30日に開催される予定で、北京サービスアウトソーシング企業協会理事長の鐘明博氏は今回の会議は知能製造強国戦略に注目し、デジタル化への転換期におく中国製造業とサービスアウトソーシング業が直面するチャンスとチャレンジは検討の焦点になるか、そして経験や教訓の論議、及びビジネス交流などのイベントが予想されると話しました。


  • 2018スマートサービス会議ならびに第六回ソフトウェアと情報サービス国際企業ビジネスマッチング会議が北京で開催
    29

    2018スマートサービス会議ならびに第六回ソフトウェアと情報サービス国際企業ビジネスマッチング会議は2018年5月30日に北京国家会議センターの大宴会室で盛大に開幕しました、本会議は依然として業界を跨る融合の基調とし、知能製造強国戦略に焦点を置き、「知能サービスは知能製造に貢献すべく」のテーマをめぐって、ビッグデータ、インターネットプラス、人工知能とクラウドコンピューティングのような先端技術による新しいチャンスとそれにどのようにチャレンジするかなどの関連問題を検討しました。


  • 中国日本向け情報サービス産業連盟2018第二回理事長会議が北京で開催
    35

    2018年日本向け情報サービス産業連盟第二回理事長会議は2018年度スマートサービス会議ならびに京交会のビジネスマッチング会議が開催された際にして、2018年5月30日(水曜日)に北京国家会議センターで開かれました。連盟メンバーの代表全員で2018年下半期の仕事計画と未来の業界発展動向について討議しました。


  • 鐘明博理事長:IT技術はどうのように製造業の発展に貢献を果たすかを検討
    22

    2018年5月30日に2018スマートサービス会議ならびに第六回ソフトウェアと情報サービス国際企業ビジネスマッチング会議が国家会議センターで開催され、北京サービスアウトソーシング企業協会の鐘明博理事長が大会の組織委員会を代表して、ご来場の皆様に挨拶で感謝し、スピーチしました。


  • 鐘明博氏が「2018グローバルサービスアウトソーシング大会」に招待されて参加
    13

    中国商務部国際贸易経済協力研究院、广东省商務局と珠海市人民政府の共同主催した「2018グローバルサービスアウトソーシング大会」は2018年6月9日に珠海リゾート村ホテルで開催されました。北京サービスアウトソーシング企業協会理事長、江蘇明月ソフトウェア技術有限公司董事長、北京新思ソフトウェア技術有限公司董事長の鐘明博氏が大会に誘われ参加し、ゲストとしてパネルディスカッションの司会を務めました。


  • 鐘明博氏が日本の友人を招き、浙江大学コンピューター学部と杭州趣鏈科技有限公司を訪問
    11

    2018年7月25日に江蘇明月ソフトウェア技術有限公司董事長の鐘明博氏が日本友人を引き連れて浙江大学コンピューター学部と杭州趣鏈科技有限公司を訪問しました。


  • 中国日本向け情報サービス産業連盟2018年度第三回理事長会議が無事終了
    24

    2018年8月3日,中国日本向け情報サービス産業連盟の 2018年度第三回理事長会議が吉林市で開催され、今回の会议は2018年1月から7月までの仕事と下半期に連盟の行動計画を報告し、そして、日本向けサービスアウトソーシングの発展問題に関する検討しました。


  • 江蘇明月の子会社CDSが二维火(2Dfire)社と日本市場協力契約を締結
    26

    2018年8月24日、江蘇明月の子会社CDSが二维火(2Dfire)社と日本市場協力契約を締結しました、元日本業界トップクラスであるIT企業の経営幹部に共同経営を要請し、二维火社の「逸品に対して執着を持っていて、卓越を求めていく」という理念は江蘇明月の海外事業のノウハウと融合して、日本のお客様のニーズに応える新たな日本市場を開拓していこうと期待されます。