交通旅行

スマート観光ソリューション
      中国の経済は新常態に入って、政策ドライブ、産業配置などは段々と変わってきて、我が国はすでにレジャー消費の時代に入りました。現在では個性化、多様化とする消費が次第に主流となり、人々はより高いレベルの社交活動を追求する目標となってきて、レジャー娯楽といった高いレベルのニーズが出てきました。一方、国は観光消費を刺激するために、休暇時間の最適化、従業員の有給休暇制度、ラッシュ避け休暇といったフレックス休暇などの具体措置を講じていて、政策面で伝統観光業界が「レジャー」への昇格に強力な支持を与えました。そして、このような変化に相応しく自分の特色に基づくスマート観光地を創ることが各観光地の第一用務となり、大衆の向上しつつ消費需要を満足させ、本格的なサービス品質向上を重視し、観光業のレジャー時代に入り込んでいきます。さらに、大衆の観光理念が徐々に変わってきたものであり、団体ツアーだけに満足し切れなくなり、個性化中心といった少人数のツアーが益々増えてきて、個人旅行も流行になってきました。このような大衆レジャー志向の変化にマッチするため、観光地の情報サービス能力が要求されるはずであります、それゆえ、スマート観光地の建設が観光地の対外宣伝だけではなく、本格的な情報サービス能力を向上させるにも重要な施策であるかと思います。
图片1
5.行业解决方案_政府_智慧旅游(日)
建設目標
 スマート観光地は「一つのシステム、二つの中心、3つのネットワーク、4つのプラットフォーム、五つのシステム」で全体的なフレームワークとなります。現段階に重要な仕事は業務において、切符売り場、改札、乗船、入園、支払いと営業推進など観光地のコア業務を含む建設されます。管理において、観光地運営会社のチケット業務に対するグループ化の集中統一管理を実現します、サービスにおいて、「楽にスキャンで支払い消費、簡単に電子チケットで楽遊」といった顧客体験を実現します。営業推進において、技術を基盤とした商業革新、精確な営業企画、効率よく市場取引と市場シェア拡大の目標を実現できると思います。
  
建設効用
 スマート観光地の建設は、観光地の経営レベルとサービスレベルを向上させる鍵であり、観光地のマーケティング部門、および観光会社に近代化したマーケティングツール、サービス方法と情報化の技術手段を提供して、観光商品とサービスの革新を促進し、効率的に運営コストの低減、営業推進効果の拡大、より大きな産業価値の実現に効くかと思います。それと同時、観光客、及び公衆などのサービス対象に対してよりいいサービス体験の獲得、公衆の満足度と観光地の知名度アップさせ、観光運営プロセスの有効管理とオンライン監視の確実な実現などによる観光産業の全体経営とサービス管理レベルを向上させられます。