政府

スマート検察ソリューション
プロジェクト概要
 検察機関は国家法律の監督機関として、その監督権が単なる汚職事件の捜査、刑事事件の審査と公訴や、民事事件の再審請求など対外的な監督だけでなく、検察機関内部の監督も含まれます。こういった内部の監督は、従来の検察機関内部に設けられた監査部門による監督のほか、検察機関内部の全体業務に対する監督を含み、つまり事件処理の品質に対する審査であります。
 事件処理の品質審査は、横に見ると検察機関の検察仕事全般、縦に見ると訴訟のプロセス始終が含まれます。こういった品質審査活動の目的は検察仕事の品質と効率を高め、検察業務管理の規範化が求められます。審査による仕事の品質改善を実現させ、捜査、公訴部門が法律法規と内部で制定された仕事プロセスに準拠して業務遂行することを促進し、全ての事件処理は犯罪証拠の明確性、法律適用の正確性、処理プロセスの適法性が要求され、検察仕事全般の科学的な発展を推進することにサポートします。
 本案は各地方検察機関の実際状況に基づく、審査標準の細分化、審査システムの健全化に適合する事件処理の品質審査の正常化メカニズムを作り、個別審査、日常審査と特別審査を結合して、一件一審を実現させます。全ての事件が事前、事中、事後の全流れに監査の確保、事件処理中の偏差に是正する意見を出し、検察官か事務官に法意識、規範意識、品質意識の強化、事件処理の品質及び細分化管理レベルをより一層と向上させられます。
 
事件品質評価審査の流れ
5.行业解决方案_政府_智慧检务50301(日)
绩效考核系统架构
 検察機関の総合業績管理は検察機関の業務管理を改革、改善、促進させる重要な手段であります。科学的かつ合理的な業績分類管理を通じて検察官に対する要求された細分化管理を実現し、完全にリアルタイムで的確な検察官の仕事業績、仕事内容、総合能力などに対する評価が行われ、意思決定分析にサポートします。 
 科学的かつ合理的な方法で仕事の数値化、総合評価、現実業績管理の情報化、ネット化、自動化、正常化が行われ、各部門の仕事内容、仕事業績などを全てリアルタイムで直観的に把握し、問題点の見出し、そして検察機関の業績管理に持続的な改善を促進します。
   日常仕事内容の数値化管理、360仕事評価システムなどを通して、検察官に数値の加重平均方法で業績を評価し、科学的かつ合理的な検察官業績評価モデルを作り、司法書類管理システムを構築します。業績管理データ採集の智能化、人員分類業績管理の正常化、細分化を実現して、市レベルの検察機関の業績管理と意思決定に科学的なサポートを提供します。
業績評価データ構成
5.行业解决方案_政府_智慧检务503012(日)
業績評価機能モジュール
5.行业解决方案_政府_智慧检务503013(日)