金融

債権信用評価及びリスク評価
債券格付け
債券格付け(bond credit rating)は、個々の債務等が約定通りに履行される確実性についての専門機関の意見であり、回収の可能性と債務不履行となる可能性を評価します。 債券格付けの多くは社債の信用格付けであり、独立した法人が発行した特定の債券の信頼性を評価し、元本と利息を期限どおりに支払うことができるかを格付けします。 信用格付けは、投資家が債券やその他の債務証券の購入を判断する際に参考にする情報の一つで、資本市場の発展と円滑化に寄与しています。
 
ランク標準
主体信用評価記号システムは法人実体信用評価に適用され、非金融企業主体と金融機関の主体評価が含み、市場特定発行項目の信用リスク評価分析に専用します。主体信用リスク評価は、受評主
体の違約リスクに対する評価で、主に受評主体の財務返済能力と未来経営リスクの高さを監査評価します。ランクは3等の9級に分け、記号はそれぞれAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、それぞれのレベルはすべて“+”あるいは“-”の記号を使って微調整することができ、このランクの内で少し高いかあるいは少し中レベルを下回ることを表します。各主体ランクの意味は以下の通り:
評価記号 ランク意味
AAA 財務返済能力とてもいい、基本的に不利な経済環境の影響を受けず、違約リスク極めて低いです。
AA 財務返済能力はとてもいい、不利な経済環境の影響を受ける可能性が低く、違約リスク低いです。
A 財務返済能力はいい、不利な経済環境の影響を受けやすい、違約リスク低いです。
BBB 財務返済能力普通で、不利な経済環境の影響を受ける可能性が高い、違約リスクは普通です
BB 財務返済能力は弱い、不利な経済環境の影響を受ける可能性がかなり高い、違約リスク高いです。
B 債務を返済能力は良好な経済環境に依存し、違約リスクは非常に高いです。
CCC 債務を返済能力は非常に良好な経済環境に依存し、違約リスクはかなり高いです。
CC 破産または再編成時に保護される可能性が低い、債務返済を保証きません。
C ほぼ財務返済不可能です
 
格付け機関
格付け機構は資本市場の中の役割の上で1つの重要なサービスの仲介機関(独立の第3側)で、彼らの評価は客観的で、公正、慎重、責任感を持っています。
格付け機関は専門的に収集、整理、分析し、様々な経済じ実体の財務および与信状況、備蓄企業または個人与信方面の情報を提供します。例えば悪性債務の記録、破産訴訟の記録、義務を履行しない記録、法院の判決を実行することができない記録などです。このような信用格付けの行為は、だんだん経済実体および個人の信用に拘束と監督メカニズムを形成させています。