金融

資産証券化(ABS)
资产证券化は、基礎資産の将来発生したキャッシュフローを負債支払サポートにし、仕組み化設計を通じて信用ランクを上げ、その上に資産支援証券を発行する過程(Asset-backed Securities, ABS)をさしています。 
 
それは特定資産の組み合わせまたは特定のキャッシュフローをサポートにし、取引証券発行の融資方法の一種です。資産証券化は狭義な資産証券化だけです。1970年にアメリカの政府国民抵当協会が、 モーゲージとローンの組み合わせは基礎資産の抵当支持証券-住宅ローン転付証券にするのが初めて発行され、一つ目の資産証券化取引成功して以来、資産証券化はだんだん広く採用された金融革新の道具として激しく発展してきました。それをベースとし、さらにリスク証券化製品とかを生み出しました。
 
広義の資産証券化とは、ある資産または資産の組み合わせが証券資産という価値形態の資産運用方式を取り、以下の4つを含む:
1、実体資産の証券化:実体資産を証券資産への転換、実物資産と無形資産を基づいて証券を発行上場する過程です。
2、預金、貸付資産の証券化:1組の流動性の悪い預金、貸し付け資産(銀行の貸付、企業の振り込み金)を再編成、資産池を作り、この資産が発生したキャッシュフロー収益を安定させ、これからも安定していると予想され、それに相応する信用保証を加え、この資産による未来キャッシュフローの収益を金融市場で流れられる信用レベルが高い債券型証券を発行する過程に変換します。
3、証券資産の証券化:つまり証券資産の再証券化の過程、証券或いは証券の組み合わせを基礎資産として、それによって発生したキャッシュフローあるいはキャッシュフローの関係変量を基づいて、証券発行します。
4、現金資産証券化:現金の持ち主が投資を通じて現金を証券に変換する過程を指し。
狭義な資産証券化は預金、貸付資産の証券化です。証券化された資産の種類によって、預金、貸付資産の証券化は、住宅抵当貸付が支持する証券化(Mortgag - BPDed Securitizing、MBS)と資産サポートの証券化(Asete - BEC Securitizing、ABS)に分けられています。
图片1
ようすると、1回の完全な証券化融資の基本流れは:発起人が証券化資産を特殊目的の某機関に売却します(Special Purpoehicle Vehicle、SP)。もしくはSPVが自発的に証券化可能の資産を購入し、そしてSPV がこれらの資産を集め、資産池(Asets Pool)にさせ、さらにその資産池が発生したキャッシュフローを支えとして、金融市場で有価の証券融資を発行、最後に資産池で発生するキャッシュフローで発行した有価証券を完済します。