交通旅游

スマート街路灯ソリューション
       都市照明の急速な発展で、すでに大規模かつ複雑な街路灯施設が形成され、大量な資料管理と処理が必要となっており、伝統的な手描き製図、メンテナンス員記憶による管理、人工的な統計分析、手書きカードなどの管理方法はこういったような発展に適応しなくなりつつであります。
都市の持続的可能な発展需要に基づき、GISをベースとした都市照明管理システムの構築により、リアルタイムで情報とデータを共有し、管理プロセスの最適化を実現して、都市照明管理におく多数の問題が解消され、施設メンテナンス管理の効率が向上させられます。
 
GISシステムが下記の主要機能を実現
 1) 施設の測位と快速検出
トランス、配電箱(配電塔)、給電線路(給電方式)、景観照明、灯柱、ランプ、安定器、コントローラーなどの装置が全てGISシステムで可視化され、それに全部の装置が独立レイヤーでの展示にも対応します。
 2) 施設の物理的な従属関係を表現
トランス>配電箱(配電塔)>給電線路(位相情報含む)>灯柱(景観照明)>ランプで関連の従属関係を表現し、関連装置或は給電回路が変わった場合には、システムが自動調整に対処します。
 3) 施設状況の可視化展示
施設の基本情報及び状態情報が可視化され、アラーム類の情報はリアルタイムで特別表示されます。
4) ナビによる作業管理
施設のメンテナンス、修理はその重要性、道路属性等に基づく、周辺範囲により合理的な修理基準値と対策を設定して、修理基準値に達すると、システムが自動的に処理順番を決めて、最適な修理、メンテナンス経路を計画し、それに車載GPS、ハンドヘルド端末との共同使用で車の走行監視など、リアルタイムで関連情報の相互交換ができます。
5) GISに基づく統計と分析
区域、道路による施設とその状態を分類して統計、纏めることができます。
街路灯のない道路をリアルタイムで見出して、計画決定に参考情報を提供します。
季節などの要因で発生しやすいケーブルの故障に対し、故障となった街やエリアを検出し分析、巡視の目的性を高め、盲目的な巡視を防ぐことができます。故障しやすい道路の統計分析により、早く問題点を発見し、故障を減少させられます。
6) GISに基づく設計と引き渡し
設計から竣工まで改善し、データベースで施工図のファイル管理、設計指導などの手段で、設計が実際のメンテナンス運行に適合しないことを防止し、送電の実行と街路灯の配置がより合理的になります。それと同時、GISの区域区分で設計した施工図がレイアウトしやすいであり。施設の引き渡しが規範化され、渡した資料の完全性を保証します。