政府

スマート公安ソリューション
プロジェクト建設目標
 スマート公安公共データ共有プラットフォームの建設目標は、統一された「クラウド」データセンターに基づく建設されたプラットフォームであり、各部門の業務アプリを統合して、関係データ規範と情報交換標準の制定による各部門の業務システムをオープンプラットフォームに整合し開発されました。各部門と各システム間の相互接続、データ共有の確保、ビッグデータ分析にデータ資料の提供をサポートします。
プロジェクト建設内容
 スマート公安公共データ共有プラットフォームの建設内容:標準規範セット、二つのデータポータル、四つの応用プラットフォ         ーム、四つの基礎データベースと一つの応用サポートプラットフォーム。
 具体的な建設内容:
       1、一つの応用サポートプラットフォーム
            スマート公安公共データ共有プラットフォームの情報リソースを利用する政府部門のアプリシステムに有効的な管理を行うた
    め、様々なスマート公安アプリに対し、統一的な応用サポートプラットフォームの建設を計画し、標準規格の統一、ユーザ 
            ー管理、アプリ管理、サービス管理などのコアコンポーネントを通じて、接続されたシステムに有効的な管理、統一認証、
            統一アカウント、統一情報サービスが実現されます。
       2、二つのデータポータル
            政府部門ユーザー向けの情報リソース政務ポータルサイトと、企業・公衆ユーザー向けのオープン情報リソースポータルサイ
    トを開設します。
       3、四つの応用プラットフォーム
            スマート安全公共データ集約プラットフォーム、データ管理プラットフォーム、データ運営プラットフォームとデータ利用
            プラットフォームを構築します。
       4、四つの基礎データベース
             スマート公安情報リソースの整理に通じ、四つの基礎データベースを構築し、データベースの利用と管理規則を作り、基礎
            データベースの内容管理、データ処理、共有とアプリ機能を提供します。四つの基礎データベースは人口データベース、法人
            データベース、経済データベースと地域データベースであります。
       5、標準規範
            標準規範システムを構成し、管理制度、標準規範、データ標準等があります。